読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はいいろノート

マニアックな公共交通の使い方と、その実践。

1559列車 ムグンファ 龍山→水原 立席乗車券

韓国 旅行記 きっぷ

乗車日 2016.6.11

 日帰り韓国旅行中に少しだけ列車に乗りたかったので乗り鉄してきました。ターゲットは機関車牽引の客車列車であるムグンファ。午前中にソウル市内観光を軽くしてから,首都圏電鉄(ソウル地下鉄)に乗って龍山駅へ。時間がちょうど余ったので駅のフードコートで朝鮮式冷麺を喰ってからきっぷを買いに行きます。

f:id:ashizin:20160627194935j:plain

 龍山(ヨンサン)はソウル駅と同様に韓国国内各地へ向かう多くの列車の始発駅となっていて,ターミナル機能をソウル駅と龍山駅で二分している感じです。今回はこの駅から韓国中西部の益山(イクサン)へ向かうムグンファ号に乗車します。

f:id:ashizin:20160627195758j:plain

 龍山で発車待ちの益山行き1559列車ムグンファ。

 ムグンファは列車種別のひとつで,JRの急行のような感じ。韓国では動力集中方式が根強く,ムグンファのような客車列車も未だに多くあり,日本ではほとんど失われた客車列車の旅が容易にできそうです。

f:id:ashizin:20160627200106j:plain

 ムグンファの車内。標準軌の客車なので2列+2列のシートではかなり広々。ムグンファの客車はダンパーを装備していて,客車列車特有の発車時の衝動がなくかなり快適そう。

f:id:ashizin:20160627200231j:plain

 さてこちらは龍山駅の自動券売機で購入したムグンファの乗車券*1。今回はソウル首都圏郊外の水原(スウォン)を目指します。ただ乗車券の中央右に「1호차 입석(1号車立席)」とあるように私の乗る列車は満席で席がありません。基本的に韓国の中長距離列車は全列車指定制で,発券時にあいにく乗りたい列車に空席がありませんでした。仕方ないので編成に1両あるフリースペース的なところで過ごすことにします。

f:id:ashizin:20160627201854j:plain

 フリースペースはみんな座って休みたいので壁側は人でいっぱい。立席の乗車券を受けた旅客はほとんどこのフリースペースで過ごすようで,この1両だけは他の車両に比べて地獄の様相を呈しています。ちなみに駅に改札が無いので,こんな車内でも車掌がちゃんと一人ひとりのきっぷを検札してきます。

 並走する首都圏電鉄1号線の電車を眺めながら*2乗車すること30分,2つ目の停車駅の水原に到着。座っていれば良かったんでしょうが,ほぼ徹夜明けの体でずっと立ちっぱなしだったので思ったよりキツかったです。

f:id:ashizin:20160627203358j:plain

 水原は水原華城で有名な都市ですが,駅から少し離れていたので行くのはやめて少し休憩などしたあとに首都圏電鉄1号線で義王駅まで戻って韓国の鉄道博物館を見に行きました。

*1:緑地の乗車券だがスキャンの関係でオレンジ色っぽく写っています

*2:この辺りは東京あたりの鉄道で例えると東海道線から京浜東北線を眺めているような感じです