はいいろノート

マニアックに楽しむ公共交通。画像はクリックすると拡大します。

井川線末端区間駅めぐり

 前回の記事の続きです。

 さて静岡市中心部からバスを乗り継ぎ,3時間近くかけて井川までやってきました。ここからはいよいよ井川線を「乗り鉄」。今回は一日どっぷり井川線の時間にあてたので乗り残していた接阻峡温泉~井川間を中心に,途中のいわゆる「秘境駅」も巡っていきます。

 ※この記事にアプト式区間の要素はありません。

井川駅

f:id:ashizin:20170625004253j:plain

 井川駅に着いた頃には井川線の一番列車が井川に到着していて,金谷側から列車で来た観光客でいっぱいでした。この日は土砂崩れのため不通になっていた接阻峡温泉~井川間の復旧から1週間ということもありいつもより入り込みが多そうな感じです。

f:id:ashizin:20170625004433j:plain

 井川駅には出札窓口があり,大井川鐵道各駅へのきっぷのほか,金谷接続東海道本線(東京~岐阜間)の連絡乗車券が発売されています。ICカードの普及とともに連絡乗車券の設定はどの会社線でも縮小傾向にあるようですが,大井川鐵道では未だに遠距離となる連絡乗車券を発売しています。

f:id:ashizin:20170625005011j:plain

 この窓口で最遠・最高額となる東京都区内までの乗車券をお願いしました。同じ大井川鐵道千頭駅などでは東京都区内までの乗車券を硬券で発売していますが,井川では手書きの「補充片道乗車券」の様式で発売されています。

 このきっぷを片手に井川線列車に乗車します。

f:id:ashizin:20170625005553j:plain

 井川線はほかの地方鉄道とは大きく異なる特徴がいくつかあります。まず一つは日本では数少ない,全列車が客車の列車。井川線を除くと国内には黒部峡谷鉄道嵯峨野観光鉄道などの例しかありません。そして二つ目は車両限界の狭さ。この写真だけ見ると大きそうな列車にも見えますが…

f:id:ashizin:20170625010502j:plain

車内はこんな感じ。ダム資材輸送のための専用鉄道として開通した出自から,車両限界はかなり小さく,客車内はかなりきつきつ。まさにトロッコという単語がそのまま当てはまるような列車です。そして3つ目は途中のアプトいちしろ~長島ダム間で急勾配を登り降りするためにアプト式を採用していること。さらにわずかながら現役で貨物輸送が行われていることなど…挙げればキリがないくらい井川線は非常にユニークな路線です。

 なお,井川線内での途中下車の取扱いですが,片道乗車券を持っていれば各駅で途中下車できるようになったそうです*1。今回は東京までの乗車券で営業キロが100km以上となり途中下車の要件は既に満たしていましたが,通常の乗車券でも途中下車が井川線内で可能なようです。もっとも,井川線に乗る人はほとんどフリーきっぷ利用なのでしょうが。

閑蔵駅

f:id:ashizin:20170625014936j:plain

 井川の次の駅,閑蔵。周囲を針葉樹林に囲まれた静かな駅です。閑蔵の駅前には数軒の住宅があるのみ*2で,この駅もいわゆる秘境駅の一つです。

f:id:ashizin:20170625021223j:plain

 閑蔵までは2車線の道路が整備されていて,大井川鉄道の路線バス閑蔵線が駅前まで乗り入れています。このバスを利用して「千頭から尾盛は列車,帰りはバス」(またはその逆)といった利用も可能です。ちなみに,尾盛以南は道路の整備がかなり進んでいますので,バスに乗ると尾根をブチ抜いてきれいに整備された道路と,旧態依然として崖を這いつくばって進む井川線との格差を身に沁みて思い知らされることになります。。

f:id:ashizin:20170625015857j:plain

 その道路を少し南に進むと大井川にかかる「新接阻大橋」を渡ります。侵食が進んだ接阻峡にかかる橋で,地形図読みで川床からの高低差が80mほどありそうです。川床からの高さが70.8mで日本で一番高い鉄橋である井川線の関の沢橋梁もここから少し下流の大井川支流に架かっています。

 高いところが苦手な私はとても身を乗り出して川底を覗くことはできませんでしたが,橋から見えた急峻な大井川の流れと尾根部分にある茶畑という大井川らしい光景になんとなく和みました。

盛駅

f:id:ashizin:20170625023926j:plain

 閑蔵の次の駅は尾盛駅こちらは秘境駅マニアの人には有名な駅で,周囲に人家が無いどころか駅にアプローチする道すらなく,列車でしか訪問できない駅となっています。周囲の森林は深くクマなども出るとかで,一度降りればクマの襲来に怯えながら(?)次の列車を待つしか無く,存在意義が無いどころか危険な場所ですらあるのですが,電力開発での補償によって開設された経緯があり廃止を免れているそうです(wikipedia情報)。

f:id:ashizin:20170625030547j:plain

 尾盛には立派なホームと小屋がありますが,こちらのホームは使わず,しかも駅舎っぽいのは(クマ対策で一般向けにも開放された)保線小屋なんだそうです。

f:id:ashizin:20170625030841j:plain

 本物のホームは木材で囲われたこの線路右の空間。ホームというか路面電車の安全地帯に近い。列車を降りてどこか散策しようにも,駅舎もどきの保線小屋に行こうとしても「線路なう」は避けられません。なんだろう,このズレた感じ…。ここ尾盛では,「駅」の常識は通用しません。

f:id:ashizin:20170625031229j:plain

f:id:ashizin:20170625031250j:plain

 駅付近の地形は大井川の穿入蛇行による旧河道にあり,平坦ではありますが,周囲は尾根があるか大井川本流に下っていくだけで,まさに外界から閉じられた空間になっています。この地形が尾盛駅への絶望的なまでの到達性の悪さの要因になっています。

 かつて尾盛駅の周囲には林業関係の集落があったそうです。今は家屋の土台が残るか廃墟が残るのみで,かつての駅の繁栄?を偲ぶことはできませんが,急峻な地形である大井川沿いで貴重な平坦地であった尾盛駅周辺が集落を形成するに然るべき場所であったことは想像できます。

 先述したような地形的な条件から駅から行動できる範囲は限られていますので,次の列車までの待ち時間の間はランチで持参した弁当をホームで食べた以外はひたすら周辺の廃墟探索に徹しました。ちなみに大井川の対岸に接阻峡温泉の集落があるせいか,docomoの携帯回線は微弱ながら入ります。

f:id:ashizin:20170625031957j:plain

 次の列車に乗って尾盛駅を後にしました。尾盛駅が自分の「駅」という概念を崩したのは言うまでもありません。

おまけ

f:id:ashizin:20170625032931j:plain

 井川駅で買った東京ゆきのきっぷでそのまま静岡から新幹線に乗り東京まで戻りました。補片で乗る新幹線という非日常感(?)を楽しみながらの帰宅です。

参考サイト

*1:井川線車掌から聞いた話で,根拠となる規則などはインターネット上からは見つけられませんでした。詳しい情報をお持ちの方はコメントをお願いします。

*2:駅前に食事処のような店もあったが,この日は営業していなかった。

静岡市内から井川線井川駅へ路線バスでショートカットする

 大井川鐵道井川線は,静岡県を流れる大井川の中流にある千頭から,上流部の井川までを結ぶ地方鉄道路線です。林業電源開発のために敷設されてきた歴史があり,かなり山奥を走っています。

 そんな井川線ですが,接続する大井川鐵道本線の金谷から乗りに行くのは時間的にも運賃的*1にも効率が悪いです。また地図を見ていると静岡市内からの道路があり,バス路線も運行されているようです。そこで一般的にはなかなか知られていない,静岡市内から井川へのショートカットを試みました。

乗車日:2017年3月19日

しずてつジャストライン安倍線 新静岡→横沢

 バス路線があるといっても,途中で乗換えが必要なうえに静岡から井川まで乗り通すことができるのは1日2往復。井川からの観光や井川線乗車を考えると朝7時*2の静岡発に乗るほかありません。

 東京からの当日アクセスを考えると新横浜始発の「ひかり493号」に新横浜か小田原から乗るほかなく,寝坊リスクを考えて私は夜行バスのドリーム静岡・浜松号で早朝入りしました。

f:id:ashizin:20170606231316j:plain

 ひとけの少ない朝の新静岡バスターミナル。この5番のりばから発車するしずてつジャストライン「安倍線」バスに乗り込みます。

f:id:ashizin:20170606231505j:plain

 「安倍線」は静岡市内から安倍川沿いを北上し,梅ヶ島温泉などへ伸びる複数の路線からなる系統。今回は横沢ゆきに乗車。

f:id:ashizin:20170606231902j:plain

 早朝の静岡市内をバスは走行。標識には「井川 54km」の案内が。路線バスだけで向かうにはすこし長い距離です。

 バスは新東名高速新静岡ICなどを横目にどんどん北上。その新静岡ICを越えたあたりで「賤機(しずはた)」というバス停名や地名が目立ってきます。静岡の「シズ」はこの賤機という地名にゆかりがあるそうです*3

 この賤機のあたりで運転手が横沢からのバスに乗り継ぐ人がいるか乗客に聞いていました。後述する横沢からのバスは定員が少ないので予め無線で乗客数を知らせているようです。

f:id:ashizin:20170606232027j:plain

 バスはゆっくり安倍川沿いを北上。丸石のひろがる安倍川下流ののんびりとした光景が続きます。

f:id:ashizin:20170606233059j:plain

 「六番」バス停で安倍川上流に向かう有東木(うとうぎ)ゆきに連絡すると,安倍川支流に添って山間部へ。道はどんどん狭隘に,そして(写真には写っていませんが)茶畑が目立つようになってきました。

f:id:ashizin:20170606233755j:plain

 新静岡バスターミナルから約1時間半。ようやく終点の「横沢」バス停に到着。静岡市街から33km。バス停は静岡市山間部の小さな集落にあり,ドライバーの休憩用のトイレや案内板があるだけでコンビニどころか商店も近くには無さそうです。

井川地区自主運行バス 横沢→井川駅

f:id:ashizin:20170606234225j:plain

 この横沢で数十分待つと一台のワゴンがやってきました。このワゴンこそ乗り継ぐ井川ゆきのバス,「井川地区自主運行バス」です。

  もともとしずてつジャストライン静鉄バス)静岡井川線静岡市内から井川地区へバス路線を運行していたものの,平成20年5月31日に運行廃止。廃止となった横沢から井川地区の間は住民の交通サービス確保のために自治体が運行することになり,「井川地区自主運行バス」が誕生しました。いわゆる80条バスです。

f:id:ashizin:20170606234503j:plain

 バスは通常のワゴンを多少改装した程度で,運賃箱も両替機能などないまさに「箱」。定員は9名までで,バスの存在意義から「地域住民優先」「定員超過の場合は乗車拒否」が静岡市HPにも明記されています

f:id:ashizin:20170606235105j:plain

 バスはさらに狭隘路をどんどん進み,山を登っていきます。富士見峠(標高1184m)を越えると目の前には南アルプスの山々を一望。この時点で静岡市内から約50km,標高差1000m以上。バスだけでよくここまで来たものです。

 この富士見峠を越えると安倍川流域から大井川流域へ。そして下り坂で一気に井川の集落へ降りていきます。

f:id:ashizin:20170606235500j:plain

 静岡市内から3時間半,井川駅着。静岡からの長い長い旅でした。列車が来るまで時間があるので私はここでは降りず,一旦井川地区のほうまで行って「井川の夢の吊橋」の近くで降ろしてもらい,吊橋を渡ったり「井川線貨物線跡(遊歩道)」を散策したりしてから井川駅に戻りました。

乗車雑感

 静岡市内から井川へのバスでのアプローチ。乗車難易度の高さや乗車時間の長さなどある意味「上級者向け」のアクセス方法でした。しかしなぜこんな路線が未だに残っているのでしょうか。

 記事の途中で「富士見峠を越えると安倍川流域から大井川流域へ」と書いたとおり,井川と静岡市街は河川流域すら違います。バスはなぜわざわざ流域をまたいで運行されているのでしょう。人口の集積している沿岸部に行くなら大井川沿いを下っていけばいいはずです。

 実は近世以前より井川の人たちは静岡市駿河)とのつながりが深かったようです。井川のあたりの大井川上流は峡谷が非常に深くてとても人が行き交うことは難しく,逆に峠を越えて安倍川を下ったほうが沿岸部に行きやすかったのかもしれません。井川からは静岡方面への道路開通も早く,しかも1969(昭和44)年には井川は山向うの静岡市と合併しています*4

 かちの時代から静鉄バス静岡井川線,そして分断されて今に至る井川と静岡を結ぶ交通の歴史。そんなものを感じながら,大井川鐵道で往復するだけでは見られない,安倍川流域の景色を眺めて旅行するのもなかなか良いものでした。

 

*1:大井川鐵道本線と井川線は別建ての運賃形態となっているうえにキロ単位の運賃が高いため,井川~金谷間65kmで3,130円と高額。

*2:新静岡0733→横沢0913(2017年4月ダイヤ改正時点)

*3:「「シズオカ」の「シズ」は賤機山に由来すると言われています。」静岡県/県の概要-県の成り立ちより。注:賤機山は安倍川沿いから駿府城に伸びる舌状台地。

*4:参考:落書き帳アーカイブス:大井川上流、井川地区はなぜ静岡市なのか?

津軽鉄道沿線から奥津軽いまべつ駅へ路線バスでショートカットする

 

f:id:ashizin:20170402212129j:plain

金木町のシンボル,太宰治の生家「斜陽館」

 

  今回の津軽旅行では,盲腸線になっている津軽鉄道乗り鉄して引き返すことをせず,2016年春に開通したばかりの北海道新幹線に乗車することにし,路線バスを使って津軽鉄道沿線から奥津軽いまべつ駅に抜けることにしました。

 津軽半島では鉄道線としての津軽鉄道が走っているほか,弘南バスが路線バスの営業を行っています。今回はこの弘南バスの路線を利用して,津軽鉄道沿線から奥津軽いまべつ駅へアプローチしてみます。

五所川原~小泊線(金木・中里経由) 斜陽館前→今泉北口

f:id:ashizin:20170402213647j:plain

 今回は金木で斜陽館を見学したり,ストーブ列車を撮り鉄したりしたあと,「斜陽館前」バス停から中里経由小泊ゆきのバスに乗車します。このバスは五所川原から津軽中里駅を経由して津軽半島先端に近い小泊まで走る比較的長い距離を走る路線バスです。

f:id:ashizin:20170402214614j:plain

 やってきたのはちょっと古そうな路線バスでした。車体側面に掲げられたサボにかなり年季が入っています。

 このバスに乗車し,まずは十三湖見物へ。先述したとおりこのバスは中里駅前も経由するので津軽鉄道との乗換も可能ですが,弘南バスの路線と津軽鉄道は競合関係にあるらしく接続はあまり考慮されていないようです。

f:id:ashizin:20170402220716j:plain

 バスを今泉北口で下車して10分ほど歩き,十三湖のほとりを見物。本州の奥地らしい荒涼とした光景,日本海からの強く冷たい風が印象に残っています。

中里駅前~奥津軽いまべつ駅前線 今泉→奥津軽いまべつ駅

 近くの食事処で十三湖名物のしじみ料理をいただいたあと(時間が微妙でかなり大急ぎでの食事でしたが),今泉バス停(今泉北口の2つ五所川原寄り)まで戻り,次に乗る奥津軽いまべつ駅ゆきのバスを待ちます。

f:id:ashizin:20170402222713j:plain

 この路線は北海道新幹線の二次交通として活用されることを想定して,津軽中里~奥津軽いまべつ間を結ぶ路線として沿線自治体が主体となって新幹線開通を機に開設された路線です。

 この路線はほかの弘南バス路線と異なり,沿線自治体が赤字補填を行っている路線です。さらに北海道新幹線の二次交通としての利用にある意味限定しているのか,奥津軽いまべつ駅ゆきは途中バス停で下車できないクローズドドアシステムを採用しています。バス停も途中3箇所しかなく,乗車機会がかなり限られているように思います。

 しかも新幹線と津軽鉄道を接続するバスとして新幹線→バス→津軽鉄道の接続は考慮されているようですが,その逆の津軽鉄道→バスの接続は絶望的によくないです。しかも1日4往復しかありません。今回単純に津軽鉄道北海道新幹線の乗り継ぎでバスを使わないで十三湖の見物に立ち寄ったのは,この接続の悪さが原因でした。

f:id:ashizin:20170402223111j:plain

 さてバスは津軽半島の背骨にあたる津軽山地を横断。この写真は峠にあたる部分を貫く「やまなみトンネル」。山地を横断するぶん,厳冬期は積雪がかなり厳しい運行になりそうです。山を降りて津軽線が走る大平に出ると北上してまた峠を越えて奥津軽いまべつ駅に向かいます。このバスの道中だけでかなりの長旅です。

f:id:ashizin:20170402224248j:plain

f:id:ashizin:20170402224121j:plain

  バスは20分以上の早着で奥津軽いまべつ駅に到着。奥津軽いまべつ駅青函トンネルの保守基地,緊急時の避難駅としての性格の大きい駅です。駅前に道の駅と駐車場,数軒の住宅しかありません。

 こうして無事に津軽鉄道線沿線から奥津軽いまべつ駅まで抜けることができました。奥津軽いまべつは新幹線駅としては秘境駅に近い存在ですし,停車列車の本数も少ないのでこうやってアプローチして訪問できたのはかなり効率が良かったです。

奥津軽いまべつ駅津軽中里駅間のバスの今後について

 さて,この奥津軽いまべつ駅津軽中里駅間の路線バスですが,開通初年度から成績は良くありません。

 北海道新幹線奥津軽いまべつ駅青森県今別町)と津軽鉄道津軽中里駅(同県中泊町)を結ぶ2次交通として運行されている路線バスの利用者が、1便当たり平均0.89人にとどまっていることが9日、明らかになった。年間の赤字額は、当初見込みより約40%増える見通し。…(中略)…協議会は、地元住民や観光客らへの周知不足が利用低迷の主な要因と分析。新年度以降の利用促進に向け、運行地域や北海道南地区などを重点にPRを強化する方針を確認した。

<北海道新幹線>青森2次交通バス赤字40%増 | 河北新報オンラインニュース 

 1便あたり平均0.89人と,おそらく誰も乗せずに走っていることもあるように見受けられます。協議会ではPR強化などで利用増加を図ろうとしていますが,運行形態にも改善の余地があるように思えます。ただでさえ本数が少なく乗車機会も少ないとなれば,乗車率が上がらないのも致し方ないでしょう。

今回の旅行での乗車時刻と運賃

斜陽館前1305―(弘南バス・小泊ゆき)→1341今泉北口…十三湖展望・食事…今泉1423―(弘南バス・奥津軽いまべつ駅ゆき)→1505奥津軽いまべつ駅

斜陽館前~今泉北口:800円

今泉~奥津軽いまべつ駅:800円

津軽鉄道ストーブ列車

乗車日:2016.12.25

 青森県津軽地方を走る津軽鉄道では、毎年12月1日から翌年3月31日まで、旧型客車を使用した「ストーブ列車」が1日2~3往復運転されています。列車は定期列車に牽引(増結)される形で運転され、乗車には車両維持のための「ストーブ列車券」が必要になります。

f:id:ashizin:20170401234438j:plain

 日本でも数少ない旧型客車オハフ33の運行ですので、津軽鉄道乗り鉄も兼ねて乗車しました。この日は弘前泊で、お目当てのストーブ列車下り第一便(151レ)の乗車のために「リゾートしらかみ2号」を使って始発の五所川原に向かいましたが、小学生の団体客が多くストーブ列車は満員。151レでのストーブ列車乗車は諦め、牽引役の普通車で津軽中里までまずは乗り鉄です。

 ストーブ列車といえば日本では珍しい気動車牽引による客車運行。乗っているぶんには何かを牽いているような感じはなく普通でしたが、運転士が若干ブレーキ操作などに気を遣っていた感じはわかりました。

f:id:ashizin:20170401235003j:plain

f:id:ashizin:20170401235220j:plain

 終点の津軽中里駅まで乗り通し、牽引の津軽21形の機回し(?)を見学。

f:id:ashizin:20170401235341j:plain

 そしていよいよ乗車です。客車内には石炭ストーブが2台あり、車内に入るとやわらかな暖かさに包まれます。

f:id:ashizin:20170402001422j:plain

 客車内には車掌のほか案内や車内販売を兼ねる係員が乗っていて、スルメを買えば名物のだるまストーブで焼かせてもらえます。このスルメ、けっこう噛みごたえがあり美味しかったです。

f:id:ashizin:20170402002354j:plain

 金木で下車し、太宰治記念館「斜陽館」などを観光したあとは、3本目のストーブ列車(153レ)を金木で撮り鉄。この日は2往復目以降(153レ、154レ、155レ、156レ)がDL牽引でした。旧型客車で冬季毎日ストーブ列車が運転されるのはここだけですが、DL+PC+DCで運行される列車はここ津軽鉄道だけでしか見れません。機関車牽引の有無は津軽鉄道株式会社のFacebookで確認できます。

  津軽鉄道が走る青森県津軽までは東京から遠く、珍しい列車が走っているわりには東京ではあまり注目度が大きくないように感じます。毎日運転のせいか乗客がとりわけ多いという感じでもありません。鉄道オタクが沿線で山ほどカメラを構えていたり、列車内を動き回っていることもありません。

 しかし冬季毎日運転で冬なら乗れるという「いつもどおりの感じ」が津軽鉄道トーブ列車の良いところです。臨時列車ではこのまったり感はなかなか味わえないでしょう。乗車はたったの15分でしたが、貴重な体験でした。

f:id:ashizin:20170402003055j:plain

f:id:ashizin:20170402003102j:plain

 ちなみに津軽鉄道では乗車券類の発売が硬券で行われています。ストーブ列車券も例外ではなく、くわえて列車のきっぷにしては珍しく「お持ち帰りください」と明記されていて記念券も兼ねているようです。

 なお、津軽鉄道のストーブ列車の今季の運転は3月31日を以って終了しています。

リゾートしらかみ「くまげら」編成 ボックス席(B室)

f:id:ashizin:20170128234123j:plain

 秋田~青森間を五能線回りで運行する「リゾートしらかみ」。キハ48改「くまげら」、HB-E300「青池」「橅」の各編成で土休日を中心に1日2~3往復運転しています。日本各地で観光列車は多く走っていますが、多くは1本の観光列車が1往復するという形態。これだけの規模で観光列車が走っているのは五能線の大きな特徴です。

 さて、リゾートしらかみの各編成には通常の座席車のほかに4名で利用できるボックス席があります。

f:id:ashizin:20170128234150j:plain

 こちらが「くまげら編成」のボックス席の様子。ボックスごとにA~D席の4人分の座席が割り当てられていますが、一部のボックスを除いて6人くらいまで利用できそうな広さがあります。

f:id:ashizin:20170128234332j:plain

 ボックスはフルフラットに展開することも可能*1。足を伸ばしてゆったり観光できます。4人ほど集まれるグループ旅行でリゾートしらかみに乗るならぜひボックス席を利用したいところ。

f:id:ashizin:20170128234837j:plain

 リゾートしらかみのウリは五能線の風光明媚な景観。その景観をゆったりとしたボックスで、旅の仲間と語らいながら楽しめるのは素晴らしいことです。

f:id:ashizin:20170128235259j:plain

 こちらは私が乗車したリゾートしらかみ5号B室の指定席券。B室=ボックス席です。車内設備が異なるとマルス上で別列車扱いされることがありますが、リゾートしらかみの場合はそのような扱いにならず通常の座席扱い。その代わりに1つのボックスで4人以下の場合、相席利用になることもあり得るので注意。

 ちなみに、リゾートしらかみ5号は秋田を14時に発車して5時間かけて青森まで向かう列車。乗車したのは12月の終わりで、この時期は日没が17時ごろなのでウェスパ椿山を過ぎたあたりで日没を迎えてしまいました。そんなこともあってか、指定席券の確保は容易でしたが、そのぶん全体的に乗車率は低めでした。

 

参考サイト:のってたのしい列車 ポータル>リゾートしらかみ 「ブナ」HB-E300系・「青池」HB-E300系・「くまげら」キハ48形:JR東日本

*1:肘掛けが荒れているのは乗車後に何も考えず撮影したためです。

駅レンタカーのレール&レンタカー割引を佐渡島で使う

 新潟県にある佐渡島には駅レンタカー営業所があります。佐渡島は日本最大級の離島で、島内には路線バスの運行もありますが、島内を効率よく観光するにはレンタカーの活用が必須です。
 佐渡島には多くの業者がレンタカーのサービスを提供していますが、今回は新潟・福島方面への鉄道旅行を兼ねての佐渡島旅行のため、駅レンタカーのレール&レンタカー割引を使ってみました。

続きを読む

LCCでゆく日帰り上海 Peach MM1079/1078 搭乗記

 Peachは2016年11月1日に大阪関西=上海浦東間の路線を、翌2日に東京羽田=上海浦東間の路線を就航させました。とくに東京羽田=上海浦東間は深夜羽田発・深夜上海発で日帰りで行ってねと言わんばかりの運航ダイヤになっています。

MM1079 東京羽田2:10→上海浦東5:00

MM1078 上海浦東1:25→東京羽田4:55

 (Peach公式HPより。2017年1月1日現在。)

 幸いにも就航開始記念セールで安い券が確保できたのでこれに乗って上海に行ってみました。

続きを読む